ぼくがアメリカでコンピューターサイエンスを専攻にした理由

はじめに

現代社会のグローバル化がこれからさらに加速していく中で、日本の多くの学生が世界各地へ留学し様々な文化を学ぶことはとても大事なことだと思います。

海外生活を経験して、新しい考え方を積極的に理解しようとし、必要であれば受け入れる姿勢が、ひとりの人間として大きく成長するのではないかと思います。そのような思考の柔軟性は様々な文化や価値観に触れることで自然と育むことができます。

これについてももっと書きたいのですが今回は残念ながら思考の柔軟性の話ではなく、もう少し教育よりの話を書きたいと思います。

教育は各国によってその概念や制度が大きく異なります。では、日本と比べてどうなのか。まさに「日本の大学とアメリカの大学はどちらがいいのか」は多くの人に議論されています。アメリカの大学が絶対的に素晴らしいとは言い切れませんが、日本の教育は暗記重視なことに対してアメリカの教育は思考重視であることは大きな違いと言えると思います。

それに続き、「アメリカは教育対しての関心度が日本より高い」と感じる事も多々あります。「とりあえずやってみて、悪いものは徐々に良くしていこう」という思考が強いので、それが教育面にも反映してるのではないでしょうか。アメリカではここ数年で貧困格差が日本よりも浮き彫りに出ているので教育が人生のなかでどの程度重要なのかを理解している人が親も子も含めて比較的に多いのではないかと考えています。

では、日本はどうでしょうか。日本ではここ数年で多くの家庭が自分の子供をより良い教育環境に置くために海外留学を決意される方が増えているみたいです。それは本当に素晴らしいことだと思います。しかし、親御さんや留学生自身の中には勘違いしている人がいるかもしれません。それは留学=成功だということです。

もちろん成功の定義は人によって異なりますが、少なくとも”留学して英語を身につければ将来は安定した仕事につける”事が絶対とは言えないでしょう。

問うべきは「留学をしたのか」ではなく「大学で何を学び、何をしたのか」です。そして、自分自身の大学生活で何を学ぶかを考えることは将来の仕事の希望を実現する為の大きな一歩となると思います。そのためには自分に合った専攻を選ぶことがとても重要です。

これは日本人によく見られる傾向なのですが大学ランキングネームバリューなどを中心に大学やその大学に入りやすい専攻をわざわざ選ぶ人がいます。もちろんそれを真っ向から否定する気はありません。判断は人それぞれなので、それもひとつの道だと思います。

しかし、アメリカの大学は学部によって日本で言う偏差値が大きく変わるので、軽率な考えで専攻を決めることはあまりおすすめできません。そのような安易な考えが将来の足かせとなり、せっかくの海外経験すらも台無しにする可能性もあるとすら僕は思っています。

そうは言っても早いうちから将来を見据えて専攻を決めるのは簡単なことではないと思います。僕も専攻を決めるのは遅い方でした。なので、もしまだ専攻が決まっていなくても焦って決める必要は全くありません。焦って決めたものは大抵、後々に違ったと気付くものがほとんどだからです。

今回はちょっとだけ僕の過去を振り返り、20才の頃にコンピュータサイエンスに専攻を決めた経緯についてシェアしたいと思います。少し長くなりますがどうぞお付き合いください。専攻で悩んでる人の参考になれば嬉しいです。

f:id:the-crossover:20170620141724j:plain

続きを読む

LinkedIn本社にお邪魔してきました

はじめに

さっそくですが僕のブログを読んでくださっている方のなかにも、『将来、アメリカや海外で働いてみたい!』などと考えている方もいるのではないでしょうか。

最近では留学もかなり一般化されてきたので、学生が前より容易に海外経験を積むことが出来るようになってきました。それは日本社会のグローバル化が少しずつ進むにつれて英語の需要も増えてきている象徴でもあると思います。

そんな学生の中には、英語力を取得するにあたって留学後はすぐに日本へは帰らず、そのまま海外で様々なボランティア、もしくはインターンシップや現地で就職活動をしてみたいと思う人もいると思います。

僕もそのひとりです。

そしてこの度、カリフォルニア州シリコンバレーにあるLinkedIn(リンクトイン)という会社にお邪魔させて頂いたので、そこで僕が感じたことを皆さんとシェアしていきたいと思います。

是非、海外での就職を希望されている方にアメリカ企業のひとつとして参考にしていただければ幸いです。

f:id:the-crossover:20170515082644j:plain

続きを読む

アパホテルを通して分かる日本と中国の決定的大きな違い

はじめに

今回は中国について書いていきます

実際のところを言うと中国については今までずっと書きたかったのですが、書いてしまうと親にも『考え方が過激』などと言われてしまうのでずっと隠していました(笑)しかし今回は『アパホテル書籍問題』のこともあり、これは書かずにいられないと思い、今回のこの記事にいたりました。

  • そもそも中国という国はどういう国か。
  • アパホテルの書籍問題の影響。
  • 日本と中国の決定的な大きな違い。

このようなところに焦点を置きながら、今回のアパホテルの騒動を通して様々な角度から見ていこうと思います。

最初に言っておきたいのですが、この記事の中で多少きつい言葉を使っています。読み進めていく中で、中国というのを人を含めて批判していると思われてしまうかもしれません。僕はただ、世界の様々な国の特色を捉えていくことが大事だと思っています。どっちが正しいとか、考えが右翼だとか左翼だとかは僕には関係ありません。そして、もちろん国と友達というのは全く別に考えています。

なのでこれはあくまで一個人の意見、そして中国という国家に対しての僕なりの意見です。かなりの独断と偏見も入れ込んでいると思いますので、そこのところはご了承願います。

MY ROAD :  FLAG OF CHINA

続きを読む

『自分と向き合う』ことの大切さ

はじめに

この度、2017年1月20日をもちまして正式にドナルド・トランプがアメリカ第45代大統領に就任しましたね。まだ新年があけたばかりなのに今年の1年はかなり世界情勢が荒れそうな気がしてなりません。

僕はその中でもアメリカと中国との関係性が一番気になっています。そのことについては日本を含め、各国で面白いことが起き次第どんどん書いていこうと思います。

さて今回なのですが話題はがらっと変わり、自分と向き合うことの大切さについて書いていきます。

僕は留学をしている中で自分と向き合わなければいけないことが何度もありました。とことん悩み続け、とことん考え続けました。その結果、僕自身の中で見つけたモノがありました。

そもそも自分と向き合うとはどういうことか。なぜ大切なのか。あっという間なこの20代の人生をどう生きるかによってその後の人生は大きく変わります。

僕にとって海外留学とは『自分と向き合う』のに絶好の機会。

f:id:the-crossover:20161029092746j:plain

続きを読む